地域格差ってホントとこは

医療系求人は全国的に沢山あるのが現実ですが、その待遇の格差は明らかに存在しています。その格差の一つに地域格差というものがあります。一般に都心部で給与が高く、地方で安くなるのが一般的なのですが、地方の一部では驚くほど高待遇な場合があるのです。色々なケースがありますが、共通して言えるのは人材不足のエリアであると言えます。
医療系求人の待遇は需要と供給のバランスで決まります。これは他の経済活動とまったく同じなのです。つまり医療スタッフを養成する教育機関の充実度も地域格差に大きく影響していると考えることが出来るのです。地方であっても医大や看護大を複数擁している都道府県もありますが、広い地域に対して十分な医療系大学が設置されていないケースもまだまだ存在しています。そのようなエリアでは慢性的な塵埃不足を補うために高い給与にしてでも外部から人を集めなくてはなりません。その結果として本来は人件費の安くなる地方部において高待遇の求人が行われることにつながるのです。